大企業のグループウェア導入で気を付けること

グループウェアというソフトウェアは、企業に導入されるソフトウェアとしてはかなり一般的なものとなってきました。
既に大企業ではその8割以上が、中小企業でも半数以上のところが導入、活用しているようです。


確かにグループウェアを導入しうまく活用できれば、社内のコミュニケーションが円滑になり、かつ活性化し、業務上必要な情報の共有が漏れなくスムーズにできるようになります。大企業であればあるほどそのメリットは計り知れないものとなるでしょう。



ですが、一方でグループウェアを導入したものの使っていない、であるとか、より業務が面倒になったという話も聞きます。


ではこれから導入を検討する場合は、どんなところに気をつけた方が良いのでしょうか。


そんなグループウェアの導入ですが、特に大企業の場合は、一番に気を付けるポイントがあります。

それは、全社員が活用することです。


このソフトウェアの肝となるのは情報共有。

グループウェア情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

一部でも使わない人がいると、その人の持つ情報は共有されず、またその人が情報を手に入れるために旧来の業務手法を残す必要が出てきます。これでは二度手間になってしまいます。

ですので、特に大企業でグループウェアを導入する場合は、できる限り全社員が使うことを前提に、できればトップダウンで使用を推進すること、そして、多機能よりも全社員が使ってメリットのある、自社の業態にあった機能を持つソフトウェアを選定するという事が重要なポイントとなるのです。

真剣にBIGLOBEニュースに関する予備知識が満載です。

納得の情報

?削除規定がグループウェアの容量圧迫を防ぐので、コンピューターに詳しくない利用者にも啓蒙しなければ外部記憶装置がいくらあっても足りなくなります。本稼動の開始から一定期間運用していると、保存内容の量が膨れ上がってしまうのが常です。...

more

納得の真実

各種情報の共有、作業の省力化などを狙ってグループウェアを導入する組織は多いです。しかし実際に導入してみると、作業効率が悪化して現場は混乱、結果的に導入前の状態に戻すケースが多いです。...

more

難しくない技術

グループウェアとは、組織内の情報を共有化し、コミュニケーションを円滑にする為のソフトウェアです。グループウェアの多くは、電子メール、スケジュール管理、会議室予約、電子決済システム等の機能を装備しています。...

more

大人の常識

グループウェアの普及率は年々高まっており、現在では大企業では大半の企業が、中小企業でも半数以上の企業が既に導入して活用しているようです。社内のコミュニケーションを活性化し業務上必要な情報などの共有が促進されるこのソフトウェアは、これから導入を検討しようとしている企業も多いかと思います。...

more
top